ファクタリング利用時の注意点まとめ

2020年12月19日

ファクタリングが日本国内に普及し始めたのはまだまだ最近です。そのため、ファクタリングのサービス内容が周知されているとはいえません。本記事では、ファクタリングを利用する際に気をつけておきたい注意点について解説します。合わせて、巷に存在する悪質なファクタリング業者の実態も紹介していきます。

要注意悪質なファクタリング業者の実態

銀行融資に代わる企業の資金調達方法として、ファクタリングの認知度が高まっています。
ただ、ファクタリングの法整備は完全とは言えないため、その法の隙間をかいくぐって営業している悪徳業者も存在します。ここでは悪質なファクタリング業者の実態を紹介します。

法外な手数料でぼったくる悪徳業者

ファクタリングは貸金業ではありませんので。利息制限法の制約を受けません。そのために法定金利の上限である年15%~20%を超えた手数料を設定しても法的には違法だとは言えません。

また、ファクタリングの手数料は、ファクタリング業者が負うリスクにより変動します。売掛先の経営状態が悪いようであれば売掛金を回収できないリスクが生じますから、手数料も高くなりがちになります。

そのために手数料を高く設定されたとしても合法となりますが、それでも著しく高い手数料を取るファクタリング業者は悪徳業者だと言えます。通常、ファクタリング手数料の相場は2%~10%程度(高くても20%程度)ですが、それ以上の手数料を取る場合には悪徳業者だと疑いましょう

ファクタリングを装って高金利で金を貸し付けるヤミ金融

ファクタリングとは売掛債権(売掛金)を売却して資金を調達するものであるため、法的には売買契約となります、しかし、ファクタリングのことをよく知らない利用者につけ込み、金銭の融資契約を結ばせるファクタリング業者(実体はヤミ金融業者)もいます

融資契約の場合、法定金利の上限である年15%~20%を超えた手数料を取ることは違法となります。2017年5月には、ファクタリング業者を装ったヤミ金融業者が金銭を貸し付け、法定上限金利の50倍にもなる金利を搾取していた事件も発生しています。

事業者向けと違って違法給与ファクタリング業者

従業員個人の給料を売掛金とみなし、それを買い取って給料日前に現金化する「給与ファクタリング」というサービスを展開していた業者もいました。個人の給料を対象とした「給与ファクタリング」はファクタリングではなく貸金業とみなされます。

2020年10月13日には、「給与ファクタリング」を行っていたヤミ金融業者が貸金業法違反(無登録営業)容疑で逮捕された事件も発生しています。

ファクタリングと法律
ファクタリングと法律
違法な「給与ファクタリング」や、ファクタリングを装ったヤミ金融業者が摘発され世間を賑わせたことから、「ファクタリング自体も違法ではないか」と心配する人もいらっしゃいます。本記事では、ファクタリングが違法だと思われてしまう理由を紹介した上で、ファクタリングの合法性の根拠となる改正民法についても解説していきます。 この記事のポイント ファクタリングは違法ではない 違法だと思われているのは給与ファクタリ・・・

業者だけではない利用者側の悪質な事例も

悪質なファクタリング業者だけでなく、悪質なファクタリング利用者も存在しています。その手口としては、売掛金の請求書や契約書などの偽造や銀行通帳の入出金履歴の偽造、売掛先との取引履歴のねつ造で架空債権を作り出しファクタリング業者に買い取らせることがあります。

そのほか、1つの売掛金を2社以上のファクタリング業者に売却する二重譲渡や、ファクタリングで入金した後に売掛先の会社を倒産させる組織ぐるみの計画倒産といった手口もあります。

いずれも詐欺などの犯罪に該当する違法行為なので、実行した場合は当然、刑事罰の対象となります。

要チェックファクタリングを契約する際に注意すべきポイント

ファクタリングを契約する際に注意しておきたいポイントをご紹介します。これらをよくチェックしておかないと、不利な条件や損を負う条件でファクタリングを契約してしまう可能性があるので必ずご確認ください。

ファクタリングは融資契約とは違います。その点をよく理解して契約書を確認するようにしてください。

償還請求権の有無

償還請求権とは、売掛先から資金を回収できなかったときにファクタリング業者がファクタリング利用企業に弁済を請求できる権利のことです。 ファクタリングには、ファクタリング業者に償還請求権がある「リコース(またはリコースフファクタリング)」と、ファクタリング業者には償還請求権がない「ノンリコース(またはノンリコースファクタリング)」という2種類があります。

「リコース」は、売掛先から資金を回収できなかったときにはファクタリング利用企業がその金額をファクタリング業者に弁済しなければいけません。ファクタリング利用企業にとって不利となりますので、「ノンリコース」のファクタリング契約を結ぶようにしましょう

債権譲渡通知の有無

売掛先に「売掛金をファクタリング業者に譲渡した」と伝えることを債券譲渡通知と呼びます
ファクタリング業者が売掛先から直接資金を回収する「3社間ファクタリング」では、当然、債権譲渡通知がなされます。

しかし、ファクタリング利用企業に売掛金が入金されてからファクタリング業者に返済する「2社間ファクタリング」は債権譲渡通知をする必要がありません

ただし「2社間ファクタリング」でも、契約書に「債権譲渡通知をする」という項目が入っている場合があります。取引先(売掛先)にファクタリングを利用していることを知られたくない場合には、「債権譲渡通知なし」の契約を結ぶ必要があります。

手数料の額と内容

銀行融資の場合、担保や保証人を付けることは一般的です。そのため勘違いされやすいのですが、ファクタリングには担保や保証人は必要ありません。ファクタリングは、売掛先の信頼度やファクタリング利用企業の信用力などを鑑みて審査されます。

しかしファクタリングに対する無知につけ込んで、契約書に土地建物の担保や保証人を記載する欄を設けているファクタリング業者も存在します。もし担保や保証人を付けてしまった場合、売掛先から資金を回収できないときには土地や建物を取られたり保証人に弁済が迫られたりすることになります。

担保や保証人が必要となるファクタリング契約は行わないようにしましょう。

売掛金の一部を買い取る契約になっていないか

売掛債権(=売掛金)の全額ではなく、その売掛金の一部を買い取ることは貸金業に該当します。ファクタリング業者は貸金業には登録していませんから、売掛金の一部を買い取ることは違法となります。

例えば、1,000万円の売掛金があるとします。その売掛金について全額ファクタリングを利用すると手数料が高くなると考え「300万円分だけファクタリングをしたい」としてもファクタリング業者にはできません。

その際、売掛金の一部買い取り契約を促すようなファクタリング業者は信用できないことになります。

後で追加費用を請求できる契約になっていないか

ファクタリング契約後にも追加費用を請求できる契約を交わすのは悪徳業者の手口です。

契約した後からなにかと理由を付け、契約時になかった事務手数料や追加手数料などといった費用を請求してくる業者には警戒が必要です。

報告義務の有無

ファクタリング業者から買取金を受け取った後、売掛先の財政状況や経営状態に問題となる動きがあったときに、その動きをファクタリング業者へ報告する義務がある契約書を交わす場合があります。もし報告義務がある契約を交わしていたのに問題となる動きの報告を怠った場合には、ファクタリング業者から「損害賠償」を請求される可能性もあるので注意が必要です。

報告義務があることは悪徳業者の条件ではありませんが、有無によって利用者側が取る行動が異なってくるので必ず確認しておきましょう

損害賠償・違約金の内容

ファクタリング契約を交わす際、どのような場合に違約金や損害賠償が発生するのか、しっかりと確認しておきましょう。

違約金や損害賠償の対象範囲があまりにも広かったり金額が高かったりする内容や、ファクタリング利用企業が一方的に賠償義務を負うなどの不利な条件がある契約は交わさないほうが賢明です。

契約の解除に関する規定

ファクタリングは継続して利用することを前提に契約書が作成されていることが多くあります。しかし契約期間中でも重大な契約違反が発生した場合には契約を解除できます。
ファクタリング契約を解除した場合には当然、調達した資金(買取金)をファクタリング業者に返還する必要があります。契約解除はその点に注意しながら進める必要があります。

まとめファクタリングは業者の見極めが大切

ファクタリングを提供している事業者は数多くありますが、優良業者がいる一方で悪徳業者や反社会的勢力が関わっている業者も存在しているため、契約前の見極めが重要となります。
特に悪質な業者に騙されてしまうと資金繰りがかえって悪化してしまい、会社や事業自体を失うことになりかねません。よって、余裕がなくなっているときこそ正しい知識を身につけることが大切です。

このサイトではファクタリングを利用する上で知っておきたいことがゼロからわかる講座や登録不要のシュミレーションを提供しておりますのでぜひご活用ください。

また、当サイトを運営する株式会社ファインファクターのファクタリングサービスは2%~という業界最低水準の手数料と迅速な対応で多数のお客様から好評を頂いています。今すぐ資金を調達したい方やご興味がある方は下記のフォームや電話番号からお問い合わせください。

ファクタリングをさらに詳しく知る

無料ファクタリング講座提供中

「仕組みは?」「注意点は?」「メリットとデメリットは?」などなど、 ファクタリングに対する皆様の疑問に答え、更に理解を深められるファクタリング講座を用意しています。ぜひ最初からお読みください。

ファクタリング徹底解説コラム
ファクタリング徹底解説コラム
このページでは「ファクタリング」について徹底解説していきます。 そもそもファクタリングとは何か? どのような仕組みなのか? 他の融資との違いや比較、手数料の相場、審査の対策や利用時の注意点まで、みっちり解説いたします。 ファクタリングのポイント 売掛金を早期現金化して資金調達するサービス 融資より審査が緩く、スピーディ 赤字でも利用可能 取引先や銀行に知られない 2社間・3社間と2つの取引方法があ・・・

ファクタリングの仕組みを
図解でわかりやすく解説

ファクタリングの
メリット・デメリット

ファクタリングの審査に通るコツとは?
落ちる理由や対策について

ファクタリング利用時の
注意点まとめ

ファクタリングと
法律

調達金額シュミレーション(登録不要)

当サイトを運営する株式会社ファインファクターは迅速で低コストなファクタリングサービスを提供しています。売掛金額を入力するだけで調達可能な金額の概算をご確認いただけますのでぜひご利用ください。

今すぐ資金調達したい方はこちら

電話番号

お問い合わせ